Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

遥かなる福音書

5章1節 トランシルバニアへ更新

お待たせいたしました。
遥かなる福音書 バーン・スティクによる福音書 100〜105ページ
5章1節 トランシルバニアへ
更新いたしました。

ついにトランシルバニア入りした、バーン一行。
教会に宿を取り、捕らえたユダを拘置しておく為の牢を確保。
そんな所です。

まず最初に、ブルヴァー教授の読んだ、まじないの注意から。
このおまじないは、ルーマニアに古くから伝わる悪魔祓いの呪いで、
本来吸血鬼の犠牲者となった人間を救うための呪いです。
実際はもっと長いのですが、スペースの都合上かなり省略して載せました。
このお呪いを3度唱えながら、薬を煎じ、
吸血鬼の犠牲者は、ヤナギの木と、葡萄酒とブランデーと蜂蜜の混ざった液体を飲まなければならないそうです。

また、このストリゴイと言うのは、ルーマニアにおける吸血鬼の呼び方で
ストリアガとも言います。
また、モロイもしくはモロイアカと言うのは、生まれてすぐ殺された子供のことをいい、吸血鬼で、雹(ひょう)を降らせると言われていました。

この麓の村のイメージは、1955年の「魔人ドラキュラ」の冒頭に出てくる村のイメージです。
19世紀のトランシルバニアの村の資料なんてないし…
それと牢屋が、警察や保安官の所でなく、教会としたのは、暗に魔女狩りの過去を少し意識したためです。
19世紀には、もうほとんどなくなっていましたが、まだ田舎の方の人たちの中には
魔女に対する恐怖が根付いているのかな?それとも…

次回はいよいよユダ捕獲作戦の全貌が…と言いたい所ですが、ないか良い作戦ないかな…
 
  • 2014.05.02 Friday
  • 14:17

遥かなる福音書

4章3節 吸血鬼の殺し方更新

大変長らくお待たせいたしました。
遥かなる福音書 バーン・スティクによる福音書 94〜99ページ目
4章3節 吸血鬼の殺し方を更新しました。

もう、前回の更新から1ヶ月以上…2ヶ月近く経ってしまいました。
プロでもないのに、スランプとか言うのどうかと思いますが、
1ヶ月近く、本当に描く事ができませんでした。
描かなきゃと思いつつ、どうしても線を描けなかった…
漫画をっ描くには、精神の安定が必要なんだなと、つくづく感じました。
でも、おかげさまで、続きを考える時間は沢山あったので、このあとの展開を噛み砕き、色々考えることができました。
その割には…かもしれませんが…
続きをお待ち頂けると嬉しいです。
  • 2014.04.21 Monday
  • 18:00

遥かなる福音書

64〜69ページ目更新

大変お待たせいたしました。 遥かなる福音書 バーン・スティクによる福音書 3章5節 惨劇の夜を更新しました。 衝撃の展開! ぜひご一読を。 まぁ、内容は話すとネタバレになるので、語りませんが、 この展開は、実は当初の予定通り… 何度か変えようかとも思ったのですがね… 今年の更新は、流石にこれで終了です。 来年は…どうなるか、自分でも解りませんが、なんとか頑張りたいと思います。 今年1年、ご愛読頂きありがとうございました。 来年もどうぞよろしくお願い致します。 皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。
  • 2013.12.30 Monday
  • 00:19

遥かなる福音書

3章4節 愚か者の探索を更新

お待たせいたしました。 遥かなる福音書 バーン・スティクによる福音書 57〜63ページ目 3章4節 愚か者の探索を更新しました。 ついにユダとドイツ騎士団が遭遇! 一体どうなるのか? そんな所です。 今回は夜のシーンなので、画面暗いですね… ベタを頭使って塗らなきゃならないので、面倒でした。 そうそう、ユダの反撃のシーン あの状態で手首を返せば、そのまま、あの様に腕をねじって後ろに回せると思うのですが… 自分も格闘技の事、あまり詳しくないので、なんとも自信ないのですが… 次回の更新は、ちょっと別の原稿を描かないといけないので、少々遅くなると思いますが、 気長にお待ちいただければと思います。
  • 2013.12.01 Sunday
  • 17:10

遥かなる福音書

3章3節 吸血鬼テスト更新。

 大変長らくお待たせいたしました。
遥かなる福音書 バーン・スティクによる福音書
51〜56ページ目
3章3節 吸血鬼テストを更新しました。

アンネはドイツ騎士団の疑いを晴らすことができるのか?

本編に出てくるマーチャーシュ聖堂
正式名称は「聖母マリア聖堂」と言い、「ドイツ人による聖母マリア修道会」である、ドイツ騎士団とは縁があるのか?と思い、ここを舞台にしました。
縁があるかどうかは、解りませんが…
マーチャーシュ聖堂はハンガリー人にとっての拠り所で、しばしば悲劇の歴史を刻んできましたが、詳細はご自分でお調べください。

テストの中身は、色々調べ、色々な媒体から拝借いたしました。
映画、小説、ネット等など…
一般的に吸血鬼は教会のホーリーシンボルが苦手とされていますが、何故か、小説も映画もほとんど吸血鬼(主にドラキュラ伯爵)と対決するのは、聖職者じゃないんですよね…何故だろう?
それとも、自分の知識が不足しているのか…

次回の更新もなるべく早くお届けしたいと思いますが…とにかく時間が無くって…
気長にお付き合いください。
  • 2013.11.13 Wednesday
  • 19:53

遥かなる福音書

2章2節 ドイツ騎士団更新!

 お待たせいたしました。
遥かなる福音書 バーン・スティクの書
22〜26ページ目
2章2節 ドイツ騎士団を更新しました。

まず、このドイツ騎士団
日本などでは、チュートン騎士団と言ったほうが通りが良いでしょうか?
最初は、僕もチュートン騎士団で行こうかと思ったのですが、
Teutonic Knights と言うのは英語での呼び方で、
ドイツではDeutscher Ordenと呼ばれていて、正式名称は本編でもハインリッヒが言ったように
ドイツ人の聖母マリア騎士修道会と言うのが正式名称です。
なので、本編ではあえて、ドイツ騎士団で行かせていただきます。

それと、司教様の話された聖堂騎士団の真の設立目的は、今作における創作です。
聖堂騎士団の設立目的は、聖地巡礼者の護衛と言う事になっています。
本当か嘘かは知りませんが…

それと、隊長のハインリッヒ・エスタライヒ
勿論、実在の人物ではありません。
歴代の総長のお名前より、それっぽいのを頂戴して名付けました。
ただ、エスタライヒ家は、何度か総長にもなった由緒正しいお家柄のようです。



最近のBGMは、聖歌の清らかなボーイズソプラノや、ゴスペルの合唱などをBGMとし、
このような神を冒涜した漫画を描いています。

  • 2013.08.05 Monday
  • 20:30

遥かなる福音書

2章1節 反キリスト更新

 大変長らくお待たせいたしました。
『遥かなる福音書』〜バーン・スティクによる福音書〜
17〜19ページ 2章1節 反キリスト を更新しました。

実際の反キリストについて、少々補足
実際の反キリストは、キリスト教の教義に反する者を指す言葉で、
歴史上、教皇をはじめ何人かの人物が、反キリストの謗りを受けています。
どちらかと言うと、「お前はキリスト教徒らしくない」と言う蔑みや侮蔑のの言葉ですが、
近年最後の審判の時に現れる、世界を滅ぼす者と言う認識が強くなっているようです。
実際に教会の創設以来、反キリストが現れていたのか?教会が阻止してきたのかは定かではなく、どちらかと言うと、作者の空想の産物です。
ご了承ください。

さて、17ページ1コマ目の「ミノリスカ 聖ヨセフ教会」
これは実在の教会で、頑張って描こうかとも思ったのですが…さすがに大変そうなので、
あるソフトで、写真を線画化し、それにベタとトーンを入れていったのですが…
これが想像以上に面倒で…予想以上に時間がかかってしまいました。

今回の舞台は、ドイツ領ペッタウとなっていますが、
こちら、現在はスロベニアのプトゥイという都市で、グーグルアースで色々な写真を落としながら描いています。
本当は、現地に取材に行って描きたいのですが、そんな金はありませんので…
便利な世の中になったものです。


  • 2013.07.27 Saturday
  • 11:11